×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

文鳥の飼い方

文鳥

文鳥の飼い方を説明いたします。文鳥は体長13センチ程度で丈夫、手乗りに仕立てやすいという特徴から、飼い方としては非常に楽なので人気があります。飼育器具としましては、カゴ、巣、止まり木、容器などが必要となってきます。カゴは観賞用のカゴを用意しましょう。文鳥は動きが活発な上、気も強いのでベストは庭カゴですが、観賞用のカゴでも十分です。つがいでも繁殖期以外は一緒のカゴに入れても問題ありません。巣はできたら文鳥専用の巣箱のほうがよいとされています。文鳥専用のものにも木製のものなどもあります。、止まり木は2、3本用意しましょう。餌を入れる容器はなるべく深くて、大きいものが適切です。水入れはカバー付きのものがおすすめです。文鳥の飼い方の基本はこのサイト書いていることですが、文鳥の様子を見ながら飼い方をアレンジしてみてください。

文鳥の餌

文鳥の飼い方としては餌は大きなポイントとなります。文鳥の主食飼料はヒエとアワを6対4の割合で混ぜたものをあげましょう。文鳥の餌の捕食飼料として新鮮なキャベツ、小松菜、ハコベなどの青采類、カルシウム補充のためのボレー粉を少量あげましょう。また冬の寒いときや文鳥に体力をつけたいとき、元気があまりないときはカナリーシードや青ゴメを主食飼料に混ぜてあげましょう。文鳥のヒナは親から離して、育てることをおすすめします。文鳥のヒナの餌は小さくすったものをあげましょう。手間が面倒と思われる方は市販のバードフードお湯でふやかしたものでもオッケーです。文鳥は生まれたときは自分で餌を食べることはできません。くちばしを開けて、薄い木ベラなどで食べさせてあげましょう。文鳥のヒナの場合は2、3時間おきに5、6回餌をあげましょう。ヒナのときは食べるだけ餌をあげて大丈夫です。大きくなったら、様子を見ながらあげましょう。

文鳥の繁殖方法

まずは文鳥のオス、メスの見分け方です。文鳥のオスの鳴き声はかん高い声で長く伸ばして鳴きます。メスは短く切って鳴きます。さらにくちばしにも違いがあります。オスのくちばしは太く、上部がやや盛り上がって、色も鮮やかな赤紅色をしています。メスのくちばしは細くて上部の盛り上がりもなく、色も薄めです。オスとメスを区別できたら、オスとメスをそれぞれ別々のカゴに1羽ずついれ、しばらく2羽のカゴを近づけた状態で飼う方法があります。文鳥の繁殖期は9月から翌年の6月ごろまでです。あまり寒い時期はヒナにとって厳しい季節なので、できるだけ避けましょう。おすすめとしては6月頃に別々のカゴにいれ、近づけた状態で飼いはじめ、2〜3ヶ月喧嘩しない状態が続けば9月頃から同じカゴに入れて一緒に飼ってあげましょう。

リンク集